社員育成の重要性を理解していますか?(Do you understand the importance of employee training ?)

と、かの松下電気創始者(現パナソニック)松下幸之助氏は言いましたが
現在は世界経済のグローバル化に伴い、企業はその事業規模に関わらず、常に世界を相手に戦わなくては成りません。社員育成
その様な社会状況で、本当に優秀な人材の育成を、自社だけの人材育成部署に一任するのはハッキリ言って荷が重すぎます。
 
何故ならば、上に書いたとおり、世界経済はグローバル化し従来の日本型企業経営や、人材育成手法が通用しなくなっているからです。
 
つまり、優秀な人材育成システムこそが、このグローバル化社会を生き残るカギであり
それを担うのは、先進的な人材育成システムのノウハウを蓄えた、プロの社外集団に他なりません。
 
彼等は従来型、つまり座学中心の通り一遍なやり方で、人材を育てません。
 
それぞれの個別の企業体にベストマッチした形で、優秀な人材を育てるべく
日夜徹底的に研究を重ね、それを常に育成現場へ反映させる。
 
その膨大な専門知識を元に、先駆的な人材育成システムを生み出しているのです。
 
その個別のカリキュラムはクライアント側である個別企業の事業方向性様々な社内事情、そして問題点を何度も折衝しながら、最終的な改善点を事細かく分析し、多大なノウハウの中からベストな人材育成システムを提案します。
 
彼等はまず、個別の社員に「自分は企業の従業員」という
この前時代的な古臭い意識を捨てさせます。
 
「自社を担っているのは自分である」という意識改革をするのです。
 
つまり、「言われた仕事をただこなす」のではなく
自分は「自社へ新規事業などを積極的に提案する社内起業家である」
この様な大きな意識改革をまず行い
 
その上で、それぞれの人材持つ専門性を伸ばすべく
上記ノウハウに則った、個別カリキュラムに入ってゆくのです。
 
こうして生まれた優秀な人材が従業員としてではなく
ある意味では社内経営者として、それぞれ個別の社内事業を引っ張る
けん引役を果たす事で、企業体全体の大きな活性化にも、つながって行くのです。http://xn--gwrs02au6rd0g.com/